特定疾患にも指定

女性

潰瘍性大腸炎は発症する原因が不明で再発しやすく、難病とされている病気の一つです。20代で発症する人が多いのですが、幅広い年代に見られる病気ですので誰にでも発症する可能性があるので注意が必要です。潰瘍性大腸炎は発症する原因は不明とされていますが、食事療法によって改善が期待できるともされています。

免疫治療の有効性

病院

NK療法は、自分自身の免疫細胞を体外で培養活性化させ患者に戻すという作業を行なうので副作用もなく安全にできる治療法です。活性化させた、免疫細胞はがんの進行を食い止めることが分かっています。

早期治療で回復

医者

軽いうちに受診

血液感染をして病気になるケースが増えてきていますが、それがc型肝炎です。このc型肝炎に対しては良い薬があります。また早期に発見した時は病院で治療を受けると回復します。もちろん仕事を続けていくことも出来ます。ですが肝硬変に移行しやすいのがc型肝炎なので、異常を感じたら早めに受診すべきです。もし検査や診察を行うとこのような状態に移行する確率は低くなります。またc型肝炎の怖さは二次感染です。しかしc型肝炎は血液などからの感染です。普通に生活しても誰かに感染させるということはない疾患です。一度c型肝炎の抗体が血液検査で出た時は早期に治療が必要になります。主な治療は点滴などに薬剤を入れる方法と直接薬剤を血管内に入れる方法と内服薬があります。これは病院に医師により変わってきます。どの病院へ行っても同じ治療方法です。この時は肝臓内科に診察を受けに行きます。

将来の経過

c型肝炎はアルコールにより回復の遅れが起きます。体がだるくきつい症状があるので安静に睡眠を多めに取ることが必要です。また初めて診察を受けに行く病院の場合は必ず受付でc型肝炎であることは伝えることが必要です。これは血液感染で起きる病気です。採血を担当した看護師がそれを知っているかそうではないかでは注意が違います。決して患者さんが悪いことはしていないのですが、採血時の医療事故は医療現場ではあることです。伝えておくことが他の人のためになるのです。食生活や生活環境の見直しと早めの内服で回復します。するとc型肝炎から肝硬変に移行することは低くなるのです。

新しいがん治療

女性

自分の持つ免疫細胞を強化し、体内に戻すという新しいがんの治療法が「NK療法」と呼ばれる方法です。これまでの抗がん剤治療や放射線治療などのがん治療とは異なり、副作用の心配はほどんど無く、がん細胞を攻撃することが出来ます。