免疫治療の有効性

病院

今、がんの治療は飛躍的に高くなってきています。がんの三大治療といえば、手術、抗がん剤、放射線治療で行なわれてきました。しかし、全て完璧にがんに有効だとは言えません。手術は、悪性腫瘍を完全に体内に残さずそぎ取ることが可能であれば、完治する見込みは非常に高い治療法です。抗がん剤も、がん細胞を破壊することは可能ですが正常な細胞も攻撃しまうことと強い副作用があります。放射線は、狭い範囲であれば大きな力を発揮しますがあちらこちらに転移をしてしまったがんだと、全てを破壊するのは難しいと言えます。そこで、近年のがんの治療法はこれら三大療法に加えてNK療法と言われる治療法も平行して行なわれるようになってきました。NK療法とは、免疫細胞治療のことを指します。

NK療法は、免疫細胞治療とも言われます。NK療法で使われる、免疫細胞はがん患者自身の免疫細胞を体外で培養活性化させて患者に戻すという治療法です。がん患者の多くは、健康な人に比べて免疫細胞の働きが非常に弱くなっています。そのため、他の病気も併用して起きやすくなっているのです。ですが、このNK療法により、体外で活性化され培養することによって数を増やしそれを身体に戻すことで活性化した免疫細胞ががん細胞を攻撃することによって、がん細胞の増殖と進行を抑えることが分かっています。三大療法に加えて、NK療法をすることで確実にがんの進行を遅らせることが可能だといえるでしょう。また、NK療法で使われる免疫細胞は、患者自身の免疫細胞を活性化させたものなので、身体が副作用などの拒絶反応をすることがありません。あったとしても、一過性の発熱を伴うだけでそれ以外心配をすることがありません。三大療法の副作用も緩和する期待もされており、相乗効果も期待できます。