新しいがん治療

女性

副作用がない

新しいがん治療として注目されているのがNK療法と呼ばれているものです。これは、NK細胞と呼ばれる物を使用し、がんを直接攻撃することが出来るというものです。これまでもがん治療は様々な方法がありましたが、いずれの方法も何らかの副作用がありました。しかし、NK療法は副作用がなく、安心して治療受けることが出来ます。NK療法の流れとしては、まず血液を採取し、NK細胞を培養・増殖させ、体内に戻します。健康な人の持っているNK細胞の数倍の量を得ることが出来ます。NK療法の治療期間は3ヶ月で6回の治療が1クールとなり、症状により異なります。そのため、医師に確認のもとで、治療を受けるようにすることが大切になります。

新しい治療法

NK療法の大きな特徴としては、患者自身がもともと持っている免疫細胞を体外で培養したものを使用するということです。それにより、ナイナイの免疫力を強化し、がんの進行を阻止することが出来ます。自分の細胞を使用して行われる治療法ですので、副作用の心配はほとんどありません。副作用としては、発熱が起こることもありますが、一過性のものですので、それほど心配はいりません。これまでの抗がん剤治療や放射線治療、手術などの方法と併用して行うことにより、より高い効果を期待することも出来ますし、これらの治療法での副作用を軽減させる効果も期待することが出来ます。なお、NK療法は保険対象外の治療となりますので、治療費は全額自己負担となります。